本文へスキップ

新ハイキングクラブ 川崎支部は山と自然を愛する人たちの集いです。

お問い合わせ:支部長 寺田 ℡:080ー3727ー8918
〒247ー0007 横浜市栄区小菅ヶ谷2-27-19
mail:info@shinhai-kawasaki.com

SHINHAI-KAWASAKI  月例会場 総合自治会館のご案内


アクセス
  新ハイキングクラブ 川崎支部 月例会会場
  
川崎市「総合自治会館

  〒211-0063 川崎市中原区小杉町3丁目1
  TEL.044-733-1232




■月例会会場略図



 
電車の場合

■JR南武線、東急東横線・目黒線 武蔵小杉駅 徒歩7分
■JR横須賀線 武蔵小杉駅徒歩15分
■IR川崎駅西口北バスターミナルから東急バス
 溝の口駅行・市民ミュージアム行・小杉駅前行・高津駅行 中 原区役所前 下車すぐ前
※駐車場が狭いので、出来るだけ電車・バスをご利用ください。

◇月例会の部屋  
 3階「第1会議室」で開催してます。都合により2階「第3会議室」使用の場合があります。
 1階入口正面の掲示板で、部屋番号と主催者の名を確認頂くか、受付で問い合わせていた
 だき、お入りください。




武蔵小杉駅の横須賀線ホーム、改札口 混雑緩和に増設へ(新聞報道)
 JR東日本横浜支社と川崎市は十七日、武蔵小杉駅(同市中原区)の横須賀線ホームと改札口を増設することを明らかにした。乗降客数が駅の開業決定時の見込みよりも大幅に上回っており、駅構内などの混雑を緩和するのが狙い。二〇二三年度の供用開始を目指す。
 発表では、新ホームは、現在ある横須賀線のホームの東側に並行する形で造る。現状は上りと下りが一つのホームで発着しているが、既設のホームを上り、新設を下り専用にする。新ホームの建設予定地は、所有者のNECからJRが買い上げる。
 市も、新ホームにつながる改札口を新設する。東急線や南武線と、横須賀線の間を行き来する市道も、新たなアクセスルートとして整備する。
同支社と市は十七日、それぞれの費用負担について合意し、覚書を締結した。
 同支社によるとJR南武線も含めた武蔵小杉駅の一日あたりの乗降客数は一七年度、二十六万人。横須賀線の武蔵小杉駅開業を決めた〇五年四月は十八万人を想定していたが周辺でタワーマンションの建設が進んだことなどで人口が急増。これまでに、朝の通勤時間帯、駅構内に入れない人が数十メートルの列をなすこともあった。
(2018年7月18日 朝刊)

   月 例 会 の 案 内  
川崎支部の月例会は武蔵小杉にある総合自治会館で、原則として毎月第1水曜日の18:30~20:45に開催しています。会場は3階「第1会議室」です。都合により2階「第3会議室」になることもあります。
会場では『支部ニュース』の配布、今後の山行計画の説明・予告、実施された山行の報告、支部運営委員会・本部委員会の連絡等があります。
お気軽に見学にお越し下さい。

■月例会見学希望の方へ
月例会の日程は下表のように予定されています。お知り合いの方がおられましたらその方を通して、いらっしゃらない場合は支部宛のメール(このページ表題右部のメルアド info@…)又は支部長に電話でご連絡いただき、見学されることをお勧めします。

  2019年 月例会の日程  
1/9(水) 4/3(水)
2/6(水)  5/8(水)
3/6(水)  6/5(水) 
5月の第一水曜日は1日ですが、元号が変わる日であり、10連休となるので1週ずらして8日としました。


■総合自治会館正面

新ハイキング川崎支部では、一般向きのハイキングから健脚向きの登山やスキー・スノーシューや沢登りまで、毎月平均10回ほどのバラエティーに富んだ山行が計画されています。山行は係りとメンバーの信頼関係と、各自の自己責任を重視して行われており、参加は原則として例会出席の上申し込みをすることになっています。(山行によっては参加条件・事前打合せ等があります。)